何回か迷子になります。だって人間だもの。しょーがない。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




帰って・・・きちゃった(笑)







うん、ほんと久々すぎる更新。
てか、ブログのタイトルの横に「お引越しします。」って書いたのに戻ってくるとか(笑)
実家思いなんです。そうなんでs(ry

いやぁ、実は昨日卒業式だったんですよ。
彼氏と母ちゃんと兄ちゃんと兄ちゃんの彼女さんとイトコという謎すぎるパーティで
一緒に卒業式に行って、お昼にみんなでたこ焼き食べて、学校もどって卒業証書もらって、写真とって、
友達10人と学校っていう設定の飲み屋さんに行って、飲んで食って、帰って来た。

2行で終わってるけど、本当はもっと濃く濃厚に書きたいことは山ほど谷ほどあるんだぜ!
けど、まぁ、まずはなんでまたここに戻ってきたかってことをちょいと書きたいんだぜ!


いざ卒業式が終わって、皆とワイワイして帰って来たらさ・・・なんかね、思い出の走馬灯がね・・・
てかこの場合も走馬灯であってんのか?違ったら超はずかしい・・・orz
ま、それはおいといて、改めて自分の部屋でもらった卒業証書を見てたら「あー・・・卒業したんだな。」って
実感がじわじわきて、思い出が頭の中をぐるぐる回り始めたのですよ。もうスクラン並みに。
頭を回る思い出が主に入学当初のことばっかでさ、そういえばこの頃に俺ブログ書いてたよなって思い出して自分の書いてた入学当初のブログを読み返しにきてしまった訳です。

読み返してて本当自分この頃本気で学校たのしんでたんだろな、って思い出したりしてさ。
本当ちいさなこともめちゃ大袈裟に喜んでたんだなって、戻りたいなってやっぱ思ったりしてさ。
卒業式おわった後って誰もが一度は思っちゃうよね!戻りたいって!うん、そんな感じ!
学校生活もだけど、気持ちの面とかでもこの頃に戻りたいって思いながら読んでた。
いや、病んでる訳じゃないよ!ヤンでもデレでもないよ!信じて!


うん、入学当初はこんな感じのテンションでブログ書いてた気がする(笑)
俺のテンションかっとびすぎ。
今の俺じゃついていけない(笑)



んで、読んでるうちにまたこの頃みたいな気持ちでブログ書きたいなって思い始めて、あえて新しいブログ開設せずに
またここに戻ってきてしまった俺ガイル。
本当今は卒業式おわってしまって悲しいやら新しく進んでいきたいやらいろんな気持ちがトルネードしてるから
ずっと更新できるかはわからないけど、またここでブログ書いていこうと思います(爆)
てかほんの一週間前までは違うところでブリブリしたブログ書いてたんですorz
多分俺の黒歴史になると思われますorz
そのブログは確か5日ぐらい書いただけで終わりました(爆)
だから今回も本当長続きするか・・・正直わかりません。
むしろ明日から書かなくなるかもしれn(ry

いや、ま、あの頃の気持ちで書いていきたいです(笑)







あと今日は卒業式で祝辞をくれた先生がすごくいい話をしてくれたんだ。
その先生の話の中の言葉をかりて、今後の俺のモットーは「何事も真剣にたのしむ」にしたいと思う。
これは俺があの頃に戻りたいって思う自分のモットーと共通してると思うし、何より「真剣にたのしんだらたのしいだろうな」って素直に感じたから。
にしても「真剣にたのしんだらたのしいだろうな」って・・・思考が直結すぎる文章だな・・・まんまじゃねーか・・・orz
とりあえずそれがモットーでいきます(笑)





長くなったなー・・・てか本当長杉。
誤字だとか文章狂ってそうだけど、読み返して直すような勇気も力もありません・・・orz
長々と自分の思ったことをうまく編集することもなくバーバー書いてしまったけど、バーバー書いたからこそスッキリしました!
文章はスッキリしてないけど(笑)







そろそろ終わります!
今の時刻4:52
俺・・・今日、イベントの絵描きに大阪いくんだ・・・

という訳で、ちょいと作業に戻ります(笑)



あと本当に最後の最後ですが・・・
俺・・・まだ就職もアルバイト先も決まってないんだぜ\(^o^)/ボソッ




とか爆弾発言のこして去ります!
んじゃ、また明日ノシ
卒業したみんな!本当おめでとう!


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2010/03/12 05:06】 | 日常語り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。